韓国にフラワーエッセンスを流行らせたい?韓国芸能人に自殺多い理由。

Pocket

韓国ドラマや音楽に触れる機会が増え、文化交流が盛んですね。

韓国の芸能人の自殺報道を目にしました。とても痛ましいです。

それも年代が若い方も多いというのが、勿体無いとも感じてしまいます。

日本で同じような立場の芸能人が自殺となると、しばらくテレビ報道が続くでしょう。

韓国はノムヒョン元大統領が2009年に自殺し、国葬が行われています。

日本も自殺が増えているとはいえ、韓国の自殺率には及びません。どうしてこんなにも韓国では自殺が多いのでしょうか。

 

感受性の豊かさは、自分の精神を壊してしまう

感受性の豊かさは、一般的によいイメージがあるかと思います。

人の気持ちに機敏で、自分のことのように悲しんだり、または自分は愛されていないのではないかと悲観的に感じてしまったり。

感情を感知する能力が高いのが感受性です。

韓国に居住経験もないですし、憶測の域になりますが、感性豊かで愛情が深い方が多い印象です。

こんな日本人を見た韓国人の感想を聞いたこともあります。

日本人は冷たい。日本人には心がない。

韓国の方は、良くいうと愛情が深い印象です。家族間でも恋人間でもとにかく連絡をマメにすると聞いたことがあります。

旅行に来ていて、少し家を離れただけでも、旅行先から今無事旅行先の空港に着いたよ。電話連絡をするというエピソードも。

日本人の感覚からすると驚くことも多いです。

どちらが良い悪いではありませんが、愛に対しての貪欲さや、熱量の違いを感じることがあります。

愛情が深いということは、悪いことではないですが、悪くすると自分の精神を壊すことにもなりかねないのです。

常に他者を近く感じたい。ということは、長くは続きませんし、息苦しさも感じてしまうでしょう。

日本人の冷静さにも良し悪しがあるように、冷静な判断が出来るから、一見冷たそうに感じたとしても、客観的に判断出来ることによって、

感情任せにならないというように、良い方向に考えることも出来ます。

チコリーというフラワーエッセンス

韓国文化を思い浮かべるとき、韓国ドラマで、少し過干渉ではないかと思うほどの子供への愛情深いご両親の姿が、

チコリー気質に感じるのです。

チコリー気質のマイナスの症状

・必要以上に、他者へ世話をやきがち。相手のことを常に心配しすぎる。

・お節介すぎて、親切の押し売りになってしまうような場合がある。

・相手の世話をやき、自分の思うどおりにしたいという心理が隠れている。

・いつも自分を見て欲しい。構って欲しい。

・所有しているものや、対人関係においても失う恐怖心が強い。

チコリーを服用することによって、どのように変化するのか

チコリーは、母性本能のエッセンスとも呼ばれています。献身的な愛情も現します。

深い深いところの心理には、献身的に相手に愛情を注ぐことによって、相手を自分の思うどおりに動かしたいというエゴが隠れています。

女性の恋愛心理でも多く、行き過ぎると、エゴを押し付けているだけとなりがちです。

チコリーを取り入れることによって、相手を尊重しつつ、献身的な愛情を注げるようになります。押し付けの愛から脱することが出来ます。

他者をコントロールしようとすることを手放し、真の人を助けたいと願う愛情深い人へと変わります。

幸せを分かち合うことに転じ、愛し愛されるという理想的な愛を形成することが出来るようになるのです。

チコリーの花は、この記事に掲載している画像の青いお花です。

お花は可憐で、常に太陽の方を向いて咲き、根は強靭でしっかりと根付きます。可憐ながらも強さがあり、その姿は母の強さを連想させてくれるのです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ
にほんブログ村

この記事を書いた人:占い師ヒカリ。心理カウンセリングも含めた鑑定に定評がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です